布団大好き!

日記や所感など

火曜2限 ※すべて妄想です

いつも通りの2限出勤。火曜2限は印刷メディア。今日はよく晴れていてぽかぽかと暖かく、春らしいとても良いお天気だったのでお気に入りのワンピースを着ていきました。明るい水色で、上半身はぴったりと体のラインに吸い付いてスカートがふんわりと膝まで広がるもの。ノースリーブなのでレモンイエローの少し厚手のカーディガンを合わせます。「輪るピングドラム」のヒロイン高倉陽毬のお決まりの服であるところの青いスカートに雰囲気が似ているので、私はこれをひっそりと「陽毬ちゃんコーデ」と名付けています。

鞄は先日バイト代をはたいて買ったもので、COACHの合皮のトートバッグ。グレージュという優しい色合いながら控えめなスタッズがついていて気に入っています。

印刷メディアの授業中に考えを巡らせるのは、もっぱら活版印刷の発達とともに変化した人々の「本」という実体に対する意識の変化――ではなく、その日のお昼ご飯であることは言うまでもありません。お昼に何を食べようか考えているだけで時間がどんどん過ぎてゆきます。生協で病院食を食べるか、外に食べに行くか、コンビニで適当に買ってpreciousで食べるか。カフェテリアで食べるという選択肢も私は好きです。カフェテリアは値段がそこそこ高いので、コストパフォーマンスの評価は人によって分かれますね。

結局悩んでいるうちに数独ソリティアに興じてしまい、授業が終わってしまったので途方に暮れてしまいます。なんということでしょう。昼飯の内容が決まらないまま昼休みの中庭に放り出された私は、さながら暗くて広い宇宙にたった一人で漂っている衛星の欠片のような心細さを感じました。

そこで突然、脳天に雷が落ちたような衝撃が走ります。そうだ、オムカレー行こう!オムカレーとは私が愛してやまない、三田で一番愛したランチスポット、ないしはそこのメニューを指します。オム・カレー。シンプルながら美味しく、他では絶対に食べられない味。小さめに切った具がとろとろになるまで煮込まれた甘口のさらりとしたカレーと、シルクのように滑らかなオム。その美しさは楊貴妃と並ぶとまで称えられ、その美味しさはさながら大麻のようであると噂されます。つまり、論理的に考えて、昼食のメニューが決まらないというのはありえないのです。三田ではオムカレーを食べると生まれたときから決まっているのです。

”気づき”を得た私はオムカレーを食べに行き、うまさのあまり昇天しまったのでした。

おしまい。