birth

 

インターネッツの海に個人情報を垂れ流すのはいかがなものかと思うが、先日22歳の誕生日を迎えた。22歳というと19歳「ラストティーン」や20歳「ハタチ」なんかと違ってもはや特別な言葉で祝う歳でもない。ゾロ目だなあと思う。来年は素数だなあとか言ってるんだろう。どちらかといえば四月生まれの私にとっては、年齢そのものよりも大学生活最後の1年の始まりとしてこの歳をとる瞬間を認識してしまっている。

 

何か特別なことをしたかと言われればこれほど特別じゃない日もなかった。朝から大学に行って授業を受け、ゼミ教授との面談を切り抜け、茶道の稽古に出た。偉い。偉すぎる。

昼は白金の方にあるイスラエル料理店へ。期待していたほどおいしくはなかったが素直においしいなと思った。フムスやベーグルに物珍しさを感じる人なら行く価値があると思う。

午後は少し奨学金の申請の準備を始めた。相変わらず父たる人の甲斐性のなさに脱力したが、私が被害者になればなるほどのちのち私にとっては都合が良くなるので耐え。

茶道の稽古に出たら同期から誕生日プレゼントを貰った。やたらキラキラしているこの人はなぜか私と仲良くしてくれる。なぜこんなつまらない私と仲良くしてくれるのかなと思い続けて4年目、ありがたい繋がりをこれからも大切にしたい。仲良くありたい。好きだよ。

 

以前どこかに「私は常に自分の予想を超えている。来年はどんな自分になっているのか楽しみだ、きっと期待を超えているはずだ」と書いた。どこだったかな、おそらく去年の誕生日に書いたと思うのだけど。

一年前の私よ、きみの生きざまは変わらないよ。

今の私は、一年前の私が想像もしなかった姿になっているよ。

 

就活はなかなかうまくいって、いい感じに囲われたりなんかもして、

コールセンターでバリバリバイトして、

大手外資系企業から早々に内定を得て、

彼氏であった人と別れて、

専科クラスに入って、専科クラスとして発表会に出ようとしていて、

TOEICはなぜか930点、

これだけ並べると(彼氏と別れたこと以外は)なんだかとても充実してる人のように見えるね。

 

充実してるかしてないかはさておき全部想像もしていなかった。

だから、きっと一年後も、同じことを言っている。

この先数年はそうなのかもな、とも思う。

願わくば、私が私を、よりよい方向へ連れていきますように。

 

一日一日の積み重ねが、私を未来へ運んでいく。

今日もわたしは元気に歩く。

 

あしたはなにして遊ぶ?