どこへ

 

一昨日の金曜日、発表会は専科で出たいと先生に宣言した。先生は「だったらもっと頑張るんだよ」と厳しい顔で言ったが、断りはしなかった。なので3月から専科クラスを増やす。

2月は金曜の専3、土曜のD4、D5クラスで週3クラスだったが、3月からは月の専1、金の専3、土のD4になる。土曜のポアントクラスをやめることになる。

2月の一か月で自分が専科クラスのレベルにどれだけ足りていないか嫌というほど自覚させられた。専科クラスで発表会に出ることがどれだけ無謀かはよく分かっている。でも次の発表会は私にとって最後の発表会となる可能性が高い。だったら今頑張るしかないと思った。

全力を尽くせなかったことを死ぬまで50年後悔し続けることに比べたら、あと半年と少し、恥ずかしい思いをしながら泣きながら頑張るくらい何でもないと思った。

 

ぼんやりと、自分はいつになったら月曜の専科に行くんだろうなと思っていた。行きたいとぼんやり抱えていた思いが言葉になったきっかけはその日のバーレッスンだった。先生に脚を持ち上げられて「Dクラスならその高さでいいけど、専科クラスならここまで上げる!」と言われて、カチンときたのだ。つまり、先生は今わたしのことを専科クラスの人間として扱ったということでいいんですよね?そういうことですよね?だったら専科クラスの人間として発表会に出させてもらいますからね、と。

専科クラス並の動きを要求されて、それに向かって努力するからには、ゴールになる舞台は専科クラスだ。

 

ここ数日は食欲が落ち着いていてとても良い。火曜まで暴飲暴食が止まらず過食嘔吐にまで至っていたけど一日寝てゆっくり休んだら普通になった。むくみも取れて顔がすっきりしている。

もう少し体脂肪率を落とした方が筋肉が綺麗に見えるので、引き続き頑張りたい。

 

いつだったか、「自分は常に自分の予想を超えた場所にいる。今の自分は一年後の自分が想像もしていなかったような状況にある。私は自分で自分の行き先を予測できない。今年の私は私をどこへ連れていくんだろう。一年後の私はどうなっているんだろう。私はそれが楽しみだ」というようなことをどこかに書いた。

あとひと月半で誕生日を迎えるにあたり、同じことを思う。今の私は21歳の私が予想していなかった状況にある。きっと来年もそうなっているんだろう。

私は生きていくのが楽しくてしょうがない。私という物語を読み進めていくのが楽しくてしょうがない。今はただ、結末を考えずに目まぐるしく動く展開を楽しんでいたい。