伏線

 

いつぞやの誕生日に「私は毎年、自分が一年前の自分が予想もしていなかった姿になっている。今思い描いている未来予想図もきっと覆される。一年後の私はどんな私なんだろう、楽しみだ」みたいなことをどこかで書いたと思うのだが、複数あるブログを全て読み返しても見つけられなかった。もしかしたらツイッターかもしれない。だとしたらもう読むことはできないので、残念だ。

一年というのは単なる時間の長さなので、はっきり言って起点となる日はいつでもいいのだ。大抵の人はそれが誕生日であったり、年や年度の変わり目だったりする。私も御多分に漏れず、そのような区切りを採用している人間の一人である。

なので、年末に際して2018年を振り返ってみたいと思う。

 

2018年を迎える時に考えていたのはたぶんバレエ、就活、運転免許のことだ。特にバレエは17年度も3/4を過ぎたところでいきなり始めたのにも関わらず、その時の私の頭の大部分を占めていた。17年度のサプライズto私はバレエだった。

18年度のサプライズはなんだろう、将来のことが一番大きいのかな。2月に就活のため視野を広げるイベントに行ったときは、「自分はやりたいことは何もないし、社会的地位とお金さえあれば何でもいい」と思っていた。その思想は結構最近まであって、実際夏も秋も「とりあえず知ってる企業思いついた順に出そう」みたいなノリで出していた(でも出して行って得たものはたくさんあったので悪くなかったと思う)。

最近になってようやく自分は今大学でやっている勉強が好きで、この分野から離れたら幸せになれない、と気付いた。こんな気付きを得られる日が来るなんて予想もしていなかった。

 

私は派手な挑戦をする人間ではない。毎日、定期券代とバレエ代を稼ぐためのバイトに明け暮れて、まじめに課題をこなし、授業やサークルに出て、合間にローコストなエンターテインメントであるツイッターに勤しむ、かなり面白味のない人間だと思う。

だから、私の一つ一つの選択は、私の期待値を超えないのだ。その時その時で私にとって「順当である」と思われる選択をずっとしていることがほとんどだ。

しかしその選択の積み重ねによって以前の私の期待値を大きく上回って行ったり(1.1^10≒4であるように)、ある選択が期待を大きく超える結果を吐き出したり、想定していなかった外部要因の影響を受けることで、一年後の結果は私が予想もしていなかったものになる。

高2くらいからそんな感じで毎年自分の期待を裏切り続けている。

今ある日常のあれこれも、いつか伏線として私の人生を動かしていく要素の一つになるんだろう。それが何なのかは、分からないけど。

私は自分を観察していて面白いなと思う。人生は楽しい。(つらいことも多いけど!)

 

なので、こうして年単位で自分のことを振りかえる時に毎回言っていることになるんだけど、一年後の私はどうせ私の予想と大きく違う姿になっているんだろう。というか今回に限っては「こうなりたい」と思う姿すらよく分かっていないので、どう転んでも予想を裏切ることにはなるけど...

まあ、少なくとも卒論を12月頭までに書き終わるくらいはしていてほしい。この期待を良いほうに裏切るのは、いくらでも大歓迎だ。

あとは6月くらいまでに無限個の内定が欲しいな~。大学受験の時は世間的に良いとされる大学学部5個受かったので、就活も5個くらい内定ほしい。5個といわず500個ほしい。というか、5億円欲しい。

 

5億円。