氷の世界

すべてが凍りついている。
ここは氷河期が到来してゆうに百年は経った世界だ。海は凍りつき、時折何かの拍子で砕けた氷の塊が零度の海をさ迷う。
氷河期が来ることは数百年も前から分かっていたそうだ。しかし政治家や民衆、実業家達は、何の手立てもできないままでいた。先立つ経済的な不況が、人々から思考力を奪っていた。唯一、科学者たちは必死の研究を続けたが、どのみち氷河期の到来を阻止することは出来なかった。
「ママ、ママ、今日のおやつはなあに」
「かき氷よ。すきなソースでお食べ」
「嫌だぁぁぁぁ僕かき氷は嫌だよぉぉお汁粉が食べたいよぉぉぉ」
「我慢しなさい、小豆はとても貴重なの。次に配給で回ってくるのは五年後よ」
人々は防寒機能だけ完璧な集合住宅の中で暮らしていた。食料は配給制で、赤道付近の地下深くにある栽培所や工場でロボットによって育てられた野菜や肉やその加工食品は配給制で各家庭に配られる。おおよそ氷河期が到来する前に存在していた全ての種類の食物を生産することができたが、量は限られており、主食は必要とされる栄養素を含んだだけの合成穀物バーだった。そして、小さい子供のいる家庭には、色のついた砂糖シロップが支給された。
「私もこうして、おやつがかき氷と聞くとよく泣いたものだわ。たまに出てくるお汁粉やドーナツが、どんなに嬉しかったことか。私だって、毎日違うおやつを出してあげたいわ。そうだ、あのうなぎの蒲焼きというお菓子は、たかし君まだ食べたことなかったわね」
「うなぎの蒲焼き?」
「そう。うなぎというのはお魚の種類よ。といっても、「うなぎの蒲焼き」にはうなぎは使われていないんだけどね」
「何それ、変なの。でも、食べてみたいなあ」
「半年後に選択支給よ。マシュマロとうなぎの蒲焼き、どちらが良い?」
「マシュマロを浮かべたココアが飲みたい」
たかしは目をキラキラと輝かせた。
ママはそっと首を振る。
「カカオパウダーの配給はずうっと先よ」
毎日、同じことの繰り返しだった。同じ味の穀物バーに、申し訳程度の味付けをして、少しのおかずと共に腹に入れる。家から出ることはなく、子供はVRで教育を受ける。家族全員でVR遊園地やVR映画に行くこともできる。
VRがあれば、何でもできた。しかし、何も出来ないのと同じだった。人々はただ、生きるためだけに生きている。


という夢を見た。