拝啓 未来の私様

2018年1月5日、くもり。寒い。 先日彼氏にこのブログを音読されてすごく恥ずかしかったけど、生きてる限り恥なのでしょうがない。強く生き、書き続けます。誰得とか言って謙遜するんじゃないよ、自分得なんだよ! 中1の時の道徳の時間に20歳の自分に手紙を書…

バレエについてのあれこれ

2017年12月31日、大晦日。 28日まで大学があったのでまだ年末の気がしない。去年もそうだったし、一昨年なんてまだこの時間は某指定暴力団の校舎で油を売っていたので、いまいち世間の感覚とずれてしまっている。私はクリスマスや自分の誕生日にもあまりこだ…

演奏会と私の四畳半

2017年12月17日、晴れ。寒い。 110デニールのタイツに、毛糸のパンツ、二枚重ねのあったか下着、お腹と足先のカイロ、冬服にコートで武装していたのに寒い。そう言ったら一緒にいた友人に「それは暑いよ」と言われた。春よ来い。 ワグネル女性合唱団の第67回…

氷の世界

すべてが凍りついている。ここは氷河期が到来してゆうに百年は経った世界だ。海は凍りつき、時折何かの拍子で砕けた氷の塊が零度の海をさ迷う。氷河期が来ることは数百年も前から分かっていたそうだ。しかし政治家や民衆、実業家達は、何の手立てもできない…

怖くない夢、あるいは本当の怖い話

日本の夏は暑い。 まだ気温が30℃を超えない五月下旬でも、湿気を含んでじっとりと重くなった空気が体に纏わりついて、嫌な汗が吹き出す。運動した時の玉のような、心なし爽やかな汗とは違う、ねっとりとした汗。 三田キャンパスの入り口は複数あるが、どこか…